ジェルネイルに必要な費用とは

1色だけを塗ったり、グラデーションにしたりする場合は安い価格で済ませることができます。 また簡単なので、失敗する可能性も低いと言われています。 初めてジェルネイルを体験する場合は、どんなものなのか試すためにグラデーションなどを選択すると良いでしょう。

パーツを追加してみよう

ラメやストーンなどのパーツを、最後に追加できるシステムになっているネイルサロンが多いです。 ワンカラーネイルでもパーツを組み合わせれば、華やかなデザインになるのでおすすめです。 追加料金が発生するので、相場を調べてからどのパーツにするのか決めてください。

サロンでお手入れをしてもらおう

ネイルサロンは、ネイルをすることしかできないと考えている人がいます。 ですが、爪のお手入れを任せられます。 仕事でネイルが禁止されているところもありますが、お手入れだけでも済ませた方が良いです。 また、男性もお手入れをするためにネイルサロンに行く傾向が見られます。

比較的簡単なデザインを依頼する

市販されているマニキュアを塗る時は、乾くのを待つだけです。
手順は簡単ですが、毎回同じようなデザインになるので飽きてしまうでしょう。
サロンに行くと、ジェルネイルをしてもらえます。
自分でやった時よりも綺麗になるので、普通のネイルに飽きたらジェルネイルを体験してください。
ジェルネイルをする時は、専門的な機械を使います。
自宅でもジェルネイルができるセットが販売されていますが、素人が扱うのは少し難しいと言われています。

爪に特殊な光を与えますが、失敗すると爪がボロボロになってしまうので注意してください。
自分で機械を扱うことに不安を抱いている場合は、遠慮しないでサロンに行ってください。
サロンにいるスタッフは知識や技術を豊富に持っているので、失敗する心配はありません。
どのようなデザインにするかによって、価格が変わると言われています。
簡単なデザインを選択した場合は、3000円程度で済みます。
ですが複雑なデザインにする際は、10000円を越えるかもしれません。

毎回複雑なデザインを選択すると、お金が無くなってしまう危険性があります。
普段は簡単なデザインを選択して、デート前など特別な時にだけ複雑なデザインを選択するのがおすすめの方法です。
相場を調べてから、サロンに行きましょう。
相場よりも安い価格を設定しているところがありますが、必要な手順を省いていることがあるので信頼できません。
あまりにも安い価格だったら、利用を控えましょう。


TOP